広島特別支援学校

光溢れる明るい校舎、かっこよく勉学に励む児童生徒、 目指せ! 明るく 元気に たくましい子ども!

TOPへ 学校長より 学校紹介 学校生活 研究・研修 入学案内
ごあいさつ
 
 
                                                     

広島市立広島特別支援学校のWEBページに、ようこそお越しくださいました。本校の校長、「中尾 秀行(なかお ひでゆき)」と申します。どうぞよろしくお願いします。

さて、本校は、昭和58年4月1日広島市立の唯一の養護学校(知的障害教育学校)である広島市立広島養護学校が、広島市内の中心部である大手町四丁目に開校しました。当初、小学部・中学部が設置された養護学校でしたが、平成5年4月に高等部が設置されました。平成19年4月、学校教育法の一部を改正する法律に基づき、広島市立広島特別支援学校に改称しました。児童生徒は年々増加し、狭隘化が顕著でした、加えて校舎の老朽化から、ここ南区出島の地に平成24年9月移転・開校し、8年目を迎えます。。  

令和2年4月1日現在の児童生徒数、学級数ですが、小学部16041学級、中学部10824学級、高等部27344学級、合計541109学級となっています。教室数の確保のため、本校正門の向い側に普通教室9教室と職員室、更衣室、教材庫、倉庫等を備えた2階建て仮設校舎を平成27年度に設置し、平成29年度には、更にもう一棟12教室分の新たな3階建て仮設校舎を設置しました。本年度、令和2年度中には、グラウンドの南側に普通教室17教室等を有する3棟目の仮設校舎を設置し、教育環境の維持を行なっているところです。

このような状況は、決して望まれるものではありません。昨年度、広島市教育委員会は、狭隘化の現状を解消するため、本校北側にある旧処理施設及び多目的グラウンドのある約15,000uの敷地に38の普通教室、特別教室、体育館等を備える日本有数の高等部単独の校舎を増築することを発表しました。すでに。整地に向けた工事が始まっています。令和6年度竣工の予定です。職業教育の充実を目指す校舎の完成が待たれるところです。

 本校は、令和2年度から新しい学校教育目標に向います。「児童生徒の自立と社会参加を目指し、生きる力を育成する。」です。ミッションを新たに設定しました。「チャレンジ 実現 貢献」です。ビジョンも新しくしました。「可能性へのチャレンジ 夢や希望の実現 社会に貢献」です。教職員全員が空で唱えることができます。本校に御来校の際は、教職員に尋ねてみてください。児童生徒は、全員素晴らしい力を持っています。児童生徒の力を最大限発揮させ、「本校に入学してよかった」「本校で学べてよかった」と思っていただく日本一の特別支援学校を目指しています。児童生徒の未来がより豊かになることを願いながら、弛まぬ努力を続けています。

昨年度、新たに設定した本校の研究主題、「主体的・対話的で深い学びを目指し、思考を支える言葉の力を育むための授業づくり」の2年目を迎えます。合わせてカリキュラムマネジメントに取り組んでいます。「でじまマネジメント」です。本校教職員は、全ての児童生徒にわかる授業、手立てのある授業を行い、授業力の向上に努めていまます。令和2年1126日(木)、公開授業研究会を開催します。皆様の御参加をお待ちしています。 

校訓は、「明るく 元気に たくましく」です。児童生徒、教職員一同、この校訓を胸に刻み、皆様の信頼と期待に応えられるよう全精力を傾けてまいります。変わらぬ御支援をよろしくお願い申し上げます。

 

令和2年4月

広島市立広島特別支援学校長 中尾 秀行 

 

 

住所:広島県広島市南区出島4−1−1
TEL:(082)250−7101 FAX:(082)250−7102
Email:メールアドレス